生命の不思議に魅了される ‐炭酸‐重炭酸緩衝系-

スポンサーリンク

今回は10分ブログです。

化学の勉強で、緩衝液が登場したので、体内の緩衝能について調べていました。

これは・・・・1週間どっぷりつかれる面白さがありますね。

緩衝能として特に重要な「炭酸‐重炭酸緩衝系」を調べていたら、生命の不思議に魅了されてしまいました。

私たちの身体は体液が酸性に傾きすぎないように、pHを一定に保とうとする仕組みが備わっています。血液ガス分析をするのはそのためで、カルテ翻訳で目にする血液ガス分析の文字が身近なものになりました。そして「炭酸‐重炭酸緩衝系」の主役は炭酸脱水酵素。

まとめるとこんな感じ。すごく簡略化しています。実際はもっと複雑な反応系になっています。こうやって見ると、バイオもバリバリ化学ですよね。

さらに簡単にまとめるとこんな感じ。

化学のビデオ、ようやく187まで視聴しました。終わりが見えてきました!!順調にいけば来月頭から予定通り対訳ビデオに着手できます。

急ぎたいところですが、体内の緩衝能をもう少し深掘りしてから進みます。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

任意