1. TOP
  2. 勉強
  3. 理系科目の再勉強で感じた後悔を少し

理系科目の再勉強で感じた後悔を少し

勉強
 

化学の勉強がいよいよクライマックスに。

しかし、最後に待ち構えていた無機化学はなかなか手ごわそうです。

その前に、最近読んだ特許、理系ビデオで感じた後悔などについて触れておきます。

 

浸透圧とドライアイとアポトーシス

浸透圧で読んだのはドライアイの明細書。

 

ドライアイでは涙液が減少し、涙液の浸透圧が上昇するため、

これにより水分が細胞内から排出され、細胞が縮小します。

出典:All about vision

これは高張液におかれた赤血球の状態を思い浮かべるとわかりやすかったです。

出典:scratic

その後、細胞が外部のナトリウムイオンを細胞内に取り込み、細胞内のイオン強度が上昇して、アポトーシスが生じる、とあります。

これにん??となりました。

ナトリウムイオンの取り込み後に、水が流入されないことが疑問でした。

ナトリウムイオンの取り込みは、細胞容積の減少を刺激としてイオントランスポータが活性化され、

ナトリウムイオンが細胞内に取り込まれた後、水の流入を引き起こすことで細胞容積をもとに戻す調節性細胞容積増大RVIという仕組みによるものだろう、

と理解しています。

生体が浸透圧ストレスにさらされたとき、生体を守る防御の一環としてRVIが起こると思いますが、

ドライアイの場合は、ナトリウムイオンが取り込まれたあと、細胞外へ排出された水分も取り込まれない理由についてはまだ理解できていません。

 

二酸化炭素で脱細胞化?

浸透圧は再生医療でも登場していました。

個人的にかなり興味のある脱細胞化技術

これは細胞から核酸、リン脂質などを取り除き、残った細胞外マトリックスを再生医療の足場(スキャホールド)として利用しよう、という技術です。

核酸などが残っていると、生体移植時に拒絶反応を起こしかねないため、なるべく組織に損傷を与えない方法で脱細胞化する技術が求められています。

その1つとして、浸透圧試薬で処理する方法が登場していました。

 

界面活性剤や酵素に曝露する脱細胞化処理も行われており、これによる損傷を防ぐための特許を見かけます。

 

最近のヒットポイントの1つは、脱細胞化に超臨界二酸化炭素を用いた発明でした。

 

超臨界流体は抽出・分離で使われる技術ですが、生体に安全な二酸化炭素を使えば、界面活性剤、酵素を使うよりも、より損傷されていない脱細胞化組織を得ることができますよね。

これについては別ブログで改めてまとめたいと思います。

超臨界流体はホットな研究分野のようですね。

 

理系の再勉強で感じた後悔

化学が終わりに近づいてきました。

ここまで勉強して、これをやっておけばよかった!という後悔について、

これから始める方の参考になると思うので、少しふれておきます。

時間的な制約もありますが、まとまった記事をもっと書いておけばよかった、と後悔しています。

学習記録とあわせたものでもよいと思いますが、

できれば、テーマ毎につまづいた点、解決した点などを1つの記事にして、

同じように疑問を感じた方が読んだ時に理解が進むような記事をもっと書けばよかった、と思っています。

 

このように感じた理由は、化学・物理のつぶやきをブログで書くようになってから、

読まれる記事が変わったからです。

読者層が変わった、とわかったのが数か月前。

最初から意識して、読者貢献のできる記事をもっと書いていたら、と思いました。

これから化学・物理を始める方には、最初からコンテンツ化、ストック化を意識されるのを強くお勧めします。

すべてについてやるのは大変ですので、できるところだけでも。ぜひ。

 

疑問を感じた時が、一番気持ちが新鮮です。

振り返って取り組む場合、その前後から見直さないといけません。

「わからなかった」→「わかった」の気持ちが一番新鮮なときに記事にしておくと、

より読者貢献のできる記事になると思います。

また、これはアウトプットすることでわかっていないことがあぶりだされる、アウトプットにより理解が深まる、最強の勉強法です。

これはビデオでも何百回といわれていることですよね。

 

この講座が、当面の翻訳だけを視野にいれているのではない、ということは

理系ビデオだけ見ても、十分に感じることができました。

 

来月から

予定通り今月末で化学が終われば、来月からいよいよ対訳をスタートします。

対訳ビデオの勉強と平行して、3Dプリンタの造形も始めます。

以前アドバイスをいただいて購入しましたが、忙しさに追われ(というのは言い訳)、後回しになっていました。

 

すっかり進捗が最も遅い受講生になってしまいましたが、

やめてしまったら結果は出ない、

正しい方向性で続けていれば結果が必ず出ると信じ、歩みを続けます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 破壊的アウトプットへ

  • ある翻訳者のひらめき 選ばれる翻訳者になるための方法とは?

  • 苦手だけど好きなこと 

  • トヨタの技術に注目!縁の下の力持ち 排ガス浄化に欠かせない触媒コンバータ

関連記事

  • 少し頭が柔らかくなったかも

  • 血液と接触する医療機器に求められる性質とは?

  • ボルタに敬意を表して

  • 手で書けば混成軌道も怖くない

  • 男女の出会いについて「真剣に」考えてみた

  • 生命の不思議に魅了される ‐炭酸‐重炭酸緩衝系-