1. TOP
  2. 勉強
  3. アウトプットの後にやるべき重要なこと

アウトプットの後にやるべき重要なこと

勉強
 

学んだことをインプットで終わらせず、

アウトプットせよ!というメッセージの「アウトプット大全」。

この本で印象的だったのは、アウトプットの後、次のインプットの前に、フィードバックを加える、というプロセスです。

 

大量のアウトプットをしていた昔話

なぜ、はっとしたのでしょうか?

それは、以前、私は大量のインプット→アウトプットをしながら、

全くフィードバックをせずに、次のインプットをしていたからです。

フィードバックとは、具体的に、

アウトプットによって得られた結果を評価し、

その結果に基づいて、次のインプットに修正を加えることです。

 

100冊以上の中国語の本

講座に出会う前、私は中国語の原書をひたすら読んでいました

現在、クローゼットに300冊以上の原書が押し込んであります。

講座に出会い、専門書の置き場に困ったため、大量の原書をクローゼットにおいやり、

3つの本棚はすべて特許翻訳の書籍専用に変身しました。

 

100冊以上の原書を読み、何をしていたのでしょうか?

読書感想文または本の内容を、中国語でブログに書いていました(旧ブログは閉鎖しました)。

これは中国語力向上のために行っていました。

大量に読む→大量にインプットする

これを繰り返していました。

 

6年くらいかけて120冊ほど読みました。

平均して1年で20冊。

 

この方法の良かった点は、アウトプットを意識して読むため、盗みたい表現が次々と目に留まること。

自分のものにしたい箇所には線をひいたり、ページを折ったりし、読了後のまとめを書く時に、あえてその表現を使うようにしていました。

 

問題は、フィードバックを全く行っていなかったことです。

書いたら書きっぱなし。ネイティブに見てもらうわけでもなく、改善点を意識することもなく、

次のインプットに進んでいました。

考えているようで、実は何も考えていなかったんですよね。

 

アウトプットを振り返るきっかけ

幸い講座では、自分が書いた記事に対して、タイムリーにアドバイスをいただけることがあります。

これはアウトプット大全でいうところのフィードバックになります。

特に、第三者の目から見た、客観的で、よりフィルターの細かな目で見ていただいた上での、貴重なアドバイスです。

 

このアドバイスにより、自分の視野が狭かったこと、

深掘りばかり考えて、横展開について考えられていなかったこと、

一般大衆にも読まれるための記事の書き方、

について、考えるきっかけになりました。

 

そのため、前回の記事でしばらくは化学優先で、

と書きましたが、前言撤回。

今はいただいたフィードバックに基づいて、記事を別の視点から書き直しています。

2845~2847のビデオで言われていたことは、特定のテーマに限らず、

これから書こうと思っていたテーマにも応用できることでした。

まさに分野に限らず応用できるレシピでした。

2846の冒頭で、「どの記事でもいいんですけど」という言葉には、そのような汎用性がこめられていました。

 

アドバイスの通りに取り組んでみたところ、

視点が整理され、取り組みやすくなりました。

ビデオの内容に言及することになるのでここには具体的に書けませんが、

マーカーを引いて、マインドマップで・・・の箇所で言われていた通りにやってみると、

確かに取り組みやすく、資料の読み返しもスムーズです。

 

記事を書きなおしたら、

次は自分自身で、自分につっこみをいれて、

フィードバックしていかなければなりませんね。

 

他の関連ビデオや人工知能シリーズで触れられていた本も購入したので、

時間を作って読んでいきます。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 破壊的アウトプットへ

  • ある翻訳者のひらめき 選ばれる翻訳者になるための方法とは?

  • 苦手だけど好きなこと 

  • トヨタの技術に注目!縁の下の力持ち 排ガス浄化に欠かせない触媒コンバータ

関連記事

  • 化学の勉強を開始

  • P&G対訳シリーズを開始

  • 未来の実績表作成中

  • 今週中にボストン対訳を終わらせたい

  • 対訳にもマインドマップを活用

  • 理系大学へ進学したのに高校の化学は独学で習得