1. TOP
  2. ブログ
  3. 【ブログのアクセスが伸びず悩んでいる方に伝えたいこと】2つのブログを運営した経験から

【ブログのアクセスが伸びず悩んでいる方に伝えたいこと】2つのブログを運営した経験から

 

新しいブログを立ち上げて3か月。記事を頑張って書いても1日の訪問者数は20人未満。Googleからの流入も少ない。

これは私が数か月前に感じていた悩みです。

私は現在、このブログとは別に、オウンドメディアを立ち上げ中です。

立ち上げからまだ1年未満。最初の半年以上は、仕事をしながら、隙間時間に記事を書いていました。

ブログを立ち上げて間もない頃、こんな言葉を聞きました。

最初の半年はアクセス解析を見るべからず

 

アクセス解析を見ても、アクセスがないので落ち込むだけ。それなら、見るな、というアドバイスです。そうとわかっていても、気になってしまうアクセス状況。

見ては落ち込む→再び見る→落ち込む。この繰り返しでした。

何度も心が折れそうになりましたが、ブログを開設して9か月アクセスが少しずつ伸び始めました。心が折れそうになることはなくなり、今は、このままいけばアクセスがもっと増える!と、自信をもって記事執筆に取り組んでいます。

今回は、私と同じ悩みを抱えている方の参考になるように、挫折しないでブログ更新を続けるポイントをご紹介します。

 

「書きたい記事」と「読まれる記事」

私は現在、2つのブログを運営しています。

このブログと、立ち上げ中のオウンドメディアです。

このブログは、特許翻訳の勉強記録や日々のつぶやきをつづる、気楽なものとしてスタートしました。過去記事を見ていただくとわかりますが、「記事」ではない「ログ」や「つぶやき」に近いものが大部分を占めます。

このブログを開設したときは、オウンドメディアという言葉さえ知りませんでした。記事の構成について考えることもなく、好きなように書いていたのです。見出しの利用方法さえわかっていませんでした。

一方で、2つ目のブログは、「オウンドメディア」にすると決意し立ち上げたものです。

2つのブログの決定的な違いは、記事構成テーマの選び方にあります。

 

このブログ

自分の好きな記事を書いている。長さもバラバラ。「記事」でないものが大半を占める。

オウンドメディア

読者の求める記事を書いている。すべて「記事」になっている。

 

※このブログでも、途中から記事構成、読者貢献を意識するようになりました。今回も記事もしかり。

 

読者の求める記事を書くということは、読者貢献です。必要としている誰かに、必要な情報、解決方法を届けるということです。「自分が」書きたいかどうかは、読者にとってどうでもよいことなのです。

実はここに、ブログを軌道に乗せる際に挫折しやすいポイントが隠されています。

想像してみてください。

最初の数か月。記事を書いても書いても、ほぼ誰にも読まれません。たまにクリックされても、Googleアナリティクスを見ると、全く読まれていません。

 

この状況が何か月か続いたとき、「自分の書きたい記事を書けない」という状況は、非常にしんどいのです。悪魔がささやきます。

たまには息抜き記事を書いてみたら・・・?

しかしそれは、読者の求める記事でしょうか?新ブログを立ち上げてから数か月間は、このジレンマで悩みました。

この辛いポイントを乗り越える秘訣は1つ。

書くテーマが好きかどうか?そのテーマに情熱を持っているかどうか?

私の経験から、好きであっても辛かったです。しかし、好きでなければとても続けられなかったと思います。

 

 

ここで注意していただきたいのは、

上記で書いたことは、あくまでオウンドメディアを立ち上げる場合の話です。

オウンドメディアではなく、自分が日々感じたことや成長の記録をログとして残しておきたい場合は、もう少し自由度があがります。このブログがまさにそうです。

知人や友人にブログ開設を伝え、継続して読んでもらいやすいのも、後者でしょう。一方で、オウンドメディアの場合は、知人や友人に伝えたところで、アクセスの伸びは期待できません

興味のあるテーマでなければ、興味のない記事が日々更新されるブログを訪れる人は少ないからです。ここに、オウンドメディア立ち上げの苦しさがあります。

しかし、隠れたメリットもあります。

 

オウンドメディアのアクセスの推移

これは新しいブログのアクセス推移です。

今月はまだ半分(今日は5月15日)ですが、もうすぐ先月のPVを超えそうです。

 

これまでに書いた記事は、全部で57記事合計17万字です。本1冊分以上は書いたことになります。

1記事あたり平均すると約3000字。6月末までに100記事書くのが目標です。

一方で、このブログは369記事。新ブログの約6倍ですよね。

ところが、この記事を書いている現時点では、新ブログの方が今日のPV数が多いです。この事実からどういうことがわかるでしょうか?

※月間PVはこのブログの方がまだ多いです。

それは、

サイト設計、記事設計の重要性です。

このブログは、サイト設計、記事設計をほぼ考えずに立ち上げたのに対し、新ブログはジャンルを選び、記事を書く時もキーワード選定を意識しています。

このブログでも、いくつかヒットする記事が生まれ、ありがたいことに更新しない間にもアクセスが伸びています。しかし、来月には新ブログがこのブログのアクセスを軽く超えると思います

それくらい、サイト設計、記事設計は重要なんですよね。私は図らずも、経験から学びました

 

先ほど、オウンドメディアのような特化型のサイトは、知人や友人に伝えても読まれにくいと書きました。

一方で、ある人は高く評価してくれる可能性が高いのがオウンドメディアです。

ある人とは、Googleです。Googleが検索結果に表示してくれることで、不特定多数の読者が、ある時を境にドッとサイトを訪れる可能性があるのです。

そのタイミングを越えたら、オウンドメディアの本領発揮です。

 

検索順位が上がるまでは3か月以上かかる

Googleに評価されると、検索結果に自分のサイトが表示されるようになります。どれくらいの期間か気になりますよね?

これも経験から学びました。

圏外から上位表示への道

オウンドメディアを立ち上げてから知った言葉に「圏外」があります。

狙ったキーワードで検索しても、検索100位内に入らないという意味です。検索結果のページをめくってもめくっても、自分の記事が表示されない悲しい状況です。

記事を書いた直後は、たいていの記事が「圏外」でした。

では、どれくらいで検索順位が上がるのでしょうか?

これはドメインが全く評価されていない段階と、ある程度評価された段階とで分けて考える必要があります。

 

ドメインが評価されていない時点3~4ヵ月

ドメインが評価され始めた時点公開直後もあり(隙間キーワードを狙った場合)

 

これも、以前は知らずにさんざん悩み、心が折れかけてから、経験を通じて学びました。

ブログを立ち上げて間もない方は、記事を書いたら3~4ヵ月は放置しましょう。Googleに評価をお任せし、せっせと記事を書きましょう。

いったんGoogleに評価され始めると、アクセスが増え始めます。その数は、身近な誰かが知っている数を軽く超えます。朝起きて、記事を書く準備をするのに心がときめくようになります。

 

辛い期間を少しだけ短くするコツ

ブログ立ち上げに近道はないと言われます。私もその通りだと思います。

それでも、辛い期間は少しでも短くしたいですよね。

私が実際にやってみて、効果的だった方法をご紹介します。

話題のニュースに乗っかる

これは、ブログを立ち上げてから4ヵ月のGoogle流入数です。

  • 1か月目:1
  • 2か月目:1
  • 3か月目:1
  • 4か月目:4
  • 5か月目:31

 

5か月で書いた記事は15記事。少ないですよね。そんな中、5か月目にGoogle流入数が増えていますね。

実は、4ヵ月目に話題のニュースを取り上げて、記事にしました。話題のニュースに乗っかったわけです。すると、その記事へのアクセスが増え始め、Google流入数が増えました。

その記事を書いたことで、Googleが私のサイトの存在にようやく気付いてくれた感じでしょうか。

この方法は、翌週のテレビ番組の情報をあらかじめチェックして、記事を用意するなどして活用できると思います。

ちなみに、6か月目以降のGoogle流入数の変化はこちらです。

  • 6か月目:43
  • 7か月目:89
  • 8か月目:231
  • 9か月目:438(15日時点)

 

ライバル記事を徹底分析

これも有効な方法でした。

3つの掛け合わせのキーワードで上位表示させるために、同じキーワードで検索結果に表示されたライバルサイトを徹底分析しました。

徹底分析とは、ヘッダーの数や内容、取り上げている情報量などすべてです。そのうえで、古い情報を掲載したままなのであれば、新しい情報を加え、自分オリジナルの記事を作成しました。

上位表示を取りに行ったのです。

公開直後は圏外でした。現在その記事は、2つの掛け合わせのキーワードで、4位になっています。

ご存知ない方のために補足すると、掛け合わせのキーワードが3つと2つでは、難易度は2つの方が高いです。3つの掛け合わせのキーワードで上位表示できなければ、2つでも表示されることはありません。

公開してからしばらくは圏外で、その後は毎回確認すると悲しくなるので放置していました。ある時、アクセス数の増加に気付き、検索したところ順位が上がっていました。

2つの掛け合わせのキーワードで4位になったのを知ったときは嬉しかったですね。

 

上位表示にこだわるってえげつない?

このように書くと、「上位表示にこだわっていやだな」と思う方もいるかもしれません。

私はそのように思いません。

反対に、あるテーマでメディアを立ち上げることを決意した場合、自分の記事を上位表示させることは、メディア運営者が当然すべきことだと思っています。

もちろん、「するべき=できる」わけではありません。

上位表示させるということは、それを求めている読者に情報を提供できるということです。オウンドメディアを立ち上げることは、答えを求めている方に価値ある情報を提供するためなので、上位表示させるのは当然であり、そのつもりで記事を書かなければならないと思っています。

上位表示できない記事は存在しないのに等しいというのが私の考えです。

そうすると、

SEOを勉強する必要がありますし、読者に不要な「自分語り」はできなくなります。

Googleアナリティクスの数値を毎日分析、反応の良い記事・悪い記事の理由を検証して、微調整していくーー1つのプロジェクトとしてPDCAを回す必要がありますよね。

数値として結果が出るまでは辛いですが、アクセスが上がりはじめた瞬間の嬉しさは言葉では表せません。

 

やるべきことはただ1つ「記事を書く」

結局のところ、記事を書くーーこれに尽きます。

アクセスがなかなか上がらない頃、「自分は本当に記事を書きたいのだろうか?」「情報発信が好きだという気持ちは嘘だったのか?」という疑問が何度もわいてきました。

オウンドメディア立ち上げは、書くことが好きか、その分野が好きかが、問われます。

自分の決意に不安を感じながら、この間、ひたすら書いてきました。すると、書くことが習慣になり、もっと書きたくなってきます。同時に、書けば書くほど、知識や書く力、思考力が足りない事を嫌というほど思い知らされます。記事公開の裏側には、発狂したい気持ちが常に潜んでいます。

それでも、壁に貼ってある「Done is better than perfect」をみながら、私は公開ボタンを押します。

この生活をもっと長く送りたいという気持ちが強くなってきました。1日中、何かを生み出すことに頭を使い、形に変えるという作業が、自分には合っているようです。できることなら、本業に戻らなくても食べていけるように、もっともっともっと記事を書こう、書き続けたい。そんな気持ちになりました。

 

仕事をしながらブログを開設すべきか?仕事をやめて専念すべきか?

ブログ記事を書くには、エネルギーと時間と覚悟が必要です。

私も最初の半年は、仕事の合間をぬっての記事作成に大きなフラストレーションを感じていました。

経済的な状況が許される状況で、これからオウンドメディアを立ち上げる場合、仕事をやめて専念すべきか?と聞かれたら、私はあまりおすすめしません。

ブログを開設してから半年は、アクセスが上がりません。その時、ブログ以外の何かを持っていた方が、精神的に楽だからです。

私も仕事しながら立ち上げましたが、仕事で忙しく、たっぷりの時間を悩むことに費やせなかったのは良かったと思います。

もし、仕事をやめて、毎日ブログどっぷりの生活を送っていたら、伸びないアクセスに毎日悩み、ブログを立ち上げる意義について、悩んでばかりいたかもしれません。

私は、次のように進めてきました。

 

最初は仕事しながらブログを更新

途中から(期間限定で)仕事を休み、ブログに集中 ←今ココ

 

もし最初からブログに毎日どっぷりつかる生活を選択する場合、最初の3~6か月はアクセスが伸びないことを覚悟で始められるのをおすすめします。

 

ブログ運営で得た経験値は財産

このブログと新しいブログ、2つのブログを運営してきて感じたのは、小さな成功体験は貴重な経験値であるということです。

例えば、

これは、このブログで最も読まれている記事です。

NaCl(塩化ナトリウム)と砂糖が水に溶ける理由

今年になってから約1900回アクセスがあります。

この記事は、勉強の過程で感じた疑問を自分で考えて、疑問が解消した時のほやほやの気持ちで書いたものです。

自分がわからないと感じたことは、最も身近な読者の声でもあるわけです。最も身近な読者の声に耳を傾けて書いた記事にアクセスが集まるということは、記事作成のヒントになります。

こんな風に、ブログ運営は、アクセスという形で読者やGoogleの反応を確認できるため、PDCAを回しながら経験値を積むことができる1つのプロジェクトですね。

 

昨年からGoogleアップデートが何回か行われ、SEOに関する新しいセミナーが増えているようです。

今後のアップデートで自分のサイトがどんな影響を受けるかわかりませんが、新ブログのアクセスが増え始めてから、今後別のサイトだって立ち上げられそうだぞ、と少し自信になりました。

今後も経験を積み、いろいろなサイトを構築していきたいという、新たな願望も生まれました。次に新しくオウンドメディアを立ち上げるときは、最初のアクセスが伸びない時期だってより楽に乗り越えられるはずです。これも経験値が増えたことによるものですね。

 

最後に、ブログ運営で悩んでいた時期に、エネルギーをくれたイケハヤさんの言葉で締めくくりたいと思います。

 

誰よりも作れ

誰よりも試行錯誤しろ

誰よりも貪欲になれ

基準値が低すぎる

本気でコンテンツを作れ

コンテンツ作りを趣味にしろ

 

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 【ブログのアクセスが伸びず悩んでいる方に伝えたいこと】2つのブログを運営した経験から

  • セルフブラック化せよ

  • 中国語翻訳者だったら英語版のCV(職歴・実績表)は不要?

  • 夫を突然死させないために -夫がブログ開設を決意するまで-