1. TOP
  2. ブログ
  3. ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

ブログ
 

ブログやYouTubeで発信していて怖いのは、「批判されたらどうしよう?

実際に、批判が炎上となり、ブログ更新が怖くなってしまう人もいます。

私も先日、批判されるという経験をしました。

今回は、批判されたときの対処方法について、私の体験に基づいてご紹介します。

※ここでいう「批判」は人格に対するものではなく、内容に対する批判です。



ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

ポイントは下記のとおりです。

批判の矛先は、内容であって自分の人格に対するものでないことを覚えておく

 

記事や動画を批判されたとき、感情と事実を分離させるのがおすすめです。

批判されると、次のような感情がわいてきます。

 

感情=悲しい、辛い、腹立たしい

 

これは自分の人格が否定されたかのように感じてしまうからです。

そこで、指摘の対象は人格ではなく、内容であることに意識を向けます。

 

事実=内容に対する正直な感想

 

私の場合は、1本のYouTube動画でした。

 

最初にFacebookのグループぺージで動画をシェア。

すると、次々と批判や嘲笑コメントがつきました。

次いで、動画を見た人たちから立て続けに「Unlike」が押されました。

Facebookに投稿してからわずか1時間でついたUnlikeは5個。再生回数は50回に満たないものでした。

まず、この反応に自分がびっくりです。私はそんな怒らせるものを作ってしまったのだろうか?

 

その日はショックと怒りが入り混じる気持ちで、1日もんもんと過ごしました。

結果、たどりついたのが下記の結論でした。

私の人格が否定されたのではなく、一部の人にとって気に入らない内容だっただけ

 

落ち着けた気持ちに追い打ちをかけるように、今度はYouTubeの動画ぺージに別の人がアンチコメントを投稿。

人間というのは不思議なもので、既に低い評価を得ている動画には厳しいのですよね。

これ以上アンチコメントがついては困るな、と思いましたので、その動画だけ「高評価」「低評価」の数値がわからないように設定しました。

すると、他人の評価が見えなくなったその動画には、今度は「Like」がついたり、そこからチャンネル登録してくれる人がでるまでに。

つまり、FBのグループサイトで最初についた批判コメントが、次々と批判を生んでいったのでした。

 

いま振り返るとネット上ではよくあることですが、当時は戸惑いました。

内容批判=人格が否定されたと受け取らないようにしても、やや辛かったので、次のように考えたところ、楽になりました。

 

批判は無関心より良い

批判は相手が喜ぶ判断基準を知るきっかけ

 

 

批判は無関心より良い

自分がネットに公開したコンテンツに「反応」があるのは良いことです。

誰も読まない・誰も見ないより、ずっとましです。

コンテンツを見るということは、関心を持ってくれたということですから。

次の図式のとおり。

良い評価を得る>批判される>誰も見ない

 

この批判を受けるまで、私のブログ(別ブログ)はPVが低飛行中でした。反応もほとんどなし。

有名な商材も、ネット上でたくさんのレビューとともに、批判レビューもありますよね。これはその商材に知名度があるということです。

上記のように考えたらちょっと楽になりました。

 

批判は相手が喜ぶ判断基準を知るきっかけ

批判は、自分がおこしたアクションに対する市場の正直な反応です。

自分が見たくない・聞きたくないものであっても、一度、謙虚に受け止める必要があります。

※明らかな人格批判はあてはまりません。

たとえば私の場合、作ったのは英語圏向けの動画でした。英語で字幕を作り、音楽をつけたものです。

すると、批判コメントの中には「音楽がよくない」とのコメントが数件ありました。

他にも、自分では想定しなかったコメントもありました。

このように、公開して批判されることで初めて、「彼ら」の喜ぶ基準の一部がわかったのです。

私がよかれと思ったものは、全然喜ばれなかったわけですが、少なくとも「喜ばれない判断基準」を得たことになります。

英語圏の人には、こういうコンテンツは受けないんだな

 

👆ということが、批判を通してわかりました。

 

批判はできれば避けたいことですが、悪いことばかりではないのですよ。

次のメリットもあります。

批判されると人に優しくなれる

ずばり、人に優しくなれます。

具体的にいうと、ブログやYouTubeをやっている人に優しくなれます。

たとえば、偶然見た、誰かががんばって作った動画に「Like」を押してあげたくなります。

そして、現在活躍しているトッププレーヤーは、私が体験したよりも何百回、何千回も多くの「アンチ」を体験しているはずです。そんなことに思いを巡らせられるのは、アンチコメントを体験したからです。

 

ポイント

批判されると、人に優しくなれる

人間として成長できる

 

批判は避けては通れない

ブログ、YouTubeなどで発信をしていく限り、批判はつきものです。

避けては通れませんので、その都度、メンタルを鍛えていくしかありません。

もし批判コメントをYouTubeにいただいた場合は、「Like」に加えて「超いいね」の💛をつけておかえししましょう。

そうすれば、相手は黙ります。

💛をつけてスルーして、メンタルを鍛えていきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 6ヶ月目のブログ運営レポート【無感情を手に入れる】

  • 5ヶ月目のブログ運営レポート【売上3万円の壁を超える】

  • 4ヶ月目のブログ運営レポート【最大の敵を倒す】

  • ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

関連記事

  • 【100記事達成によるアクセスの変化】オウンドメディアのスタート地点に立つ

  • 【宣言】脱翻訳します

  • 6ヶ月目のブログ運営レポート【無感情を手に入れる】

  • 【ブログのアクセスが伸びず悩んでいる方に伝えたいこと】2つのブログを運営した経験から

  • 5ヶ月目のブログ運営レポート【売上3万円の壁を超える】

  • 4ヶ月目のブログ運営レポート【最大の敵を倒す】