仕事ノート・勉強ノート

  1. 少し頭が柔らかくなったかも

    化学のビデオ、なかなか160にたどりつきません。ボイル・シャルルから動けずにいます。今までは英語の資料を見るだけでしたが、中国語の資料にも目を通…

  2. ライバルは自分

    化学のビデオで勉強するにつれて、ライバル像が他の誰かではなく、自分になってきました。「誰にでもできることを誰にもできないレベルでやっているか?」…

  3. 見えないところをイメージする練習

    特許明細書の図面に書かれていないけれど、当業者にとっては当たり前のことをイメージする大切さを、物理のビデオ、作用・反作用のところで学びました。早速、プリ…

  4. 仕事ノートの作り直し(電子写真方式)

    特許翻訳の仕事(中国語)で、私は本当にわかっているのだろうか?図面を見て構造・原理が脳にフラッシュするだろうか?という問いがわいてきました。…

  5. 視界が少し開けてきた

    以前やった項目について、別の角度から理解できることが少しずつ増えてきました。これがすごく嬉しくて、勉強が止まりません。酸・塩基について、マクマリー有機化…

  6. 以前の自分との「差」を実感した話 凝結剤vs凝集剤

    講座で勉強してから翻訳の仕事を始められた方からすれば、「えっ!」と思われる話かもしれませんが、私は講座受講前に中国語の翻訳の仕事をしていましたので(完全独学でし…

  7. 分離工学も面白い

    再結晶について資料を切り貼りして、理解したつもりになっていたところ、こちらの動画を見て、理解に穴があることに気づきました。熱時ろ過と再結晶(この…

  8. 超分子、きっかけはセミナーの案内

    化学のビデオ、113まで終わりました。1つのビデオに3日かけることもありますが、それによってその後のビデオの内容が既習部分になっていることも増えてきました。…

  9. 知識の立体化、肉付け

    化学の勉強で学んだことを、明細書でどのように使われているか調べながら進めています。明細書でどのように使われているかを知る程度にとどめ、さらっと進めても良いと思う…

  10. ノート作成についての気づき

    知っている≠実践できる、わけではないことの1つがノートのまとめ方。化学のノート、13冊目にして、ようやくノートのまとめ方のこつがわかってきたように思いま…

PAGE TOP