有機化学

  1. 以前の自分との「差」を実感した話 凝結剤vs凝集剤

    講座で勉強してから翻訳の仕事を始められた方からすれば、「えっ!」と思われる話かもしれませんが、私は講座受講前に中国語の翻訳の仕事をしていましたので(完全独学でし…

  2. 超分子、きっかけはセミナーの案内

    化学のビデオ、113まで終わりました。1つのビデオに3日かけることもありますが、それによってその後のビデオの内容が既習部分になっていることも増えてきました。…

  3. 血液と接触する医療機器に求められる性質とは?

    最近、化学の勉強と並行して日本企業の明細書を読んでいます。面白いものが多く、今後はブログで、面白かった発明をご紹介していきたいと思います。今回ご紹介するのは東レ…

  4. 夢の中まで

    最近2回、夢に化学が登場しました。1回目は、「明日は懸濁重合やらなきゃ~」と思っていたせいか、「懸濁重合」が登場。2回目は、既にやったDNA変異…

  5. 勉強が勝手に進む感覚

    少しずつ、勉強を進めるテンプレートが定着してきた気がします。最近はビデオを離れても勉強が勝手に進む感覚があります。それでもビデオを見る度に、足りないと感じること…

  6. 切れない集中力

    化学の勉強は7時間続けても集中力が切れません。マクマリー有機化学の英語版を購入しました。勉強に合わせて少しずつ読んでいきます。書きたいネ…

  7. 深掘りの加減とケン化度と溶解性のナゾ

    ビデオ75で懸濁重合が出てきたので、特許件数や実験手順など調べているうちに、疑問が復習やさらなる疑問の連鎖を生じ、すっかり時間を費やしていました。合成ゴ…

  8. アミドが塩基性を示さない理由

    ビウレット反応について勉強していた時、アミドが塩基性を示さない理由について、すぐに納得できなかったので、その理由を考えてみました。アミド結合…

  9. 明細書先読みトレーニング

    ベンゼン環に置換基がある場合のニトロ化の反応を例に、本を見なくても共鳴構造をほぼ書けるようになりました。昨晩、久々に寝付けず、3時間布団の中で眠くなるの…

  10. とにかく手で書く

    大学生の頃、有機化学の試験前はいつも気が付けば朝、という状態でした。何をしていたかというと、一晩中ノートに反応機構を書いていたら、気が付くと鳥の声が聞こえてくる…

PAGE TOP